旅行に関係する資格について

旅をより一層楽しむために役立つ資格もあれば、旅行に関係した仕事を行なうために助けとなる資格もあります。旅行の資格について語るときに、真っ先に出てくるのが旅行業務取扱管理者です。

国内と総合に分かれていてます。まず国内旅行業務取扱管理者を取得して、そして総合旅行業務取扱管理者へとチャレンジすることもできます。旅行業界で働くためには必須の国家資格として、毎年多くの方が受験します。

旅行業務取扱管理者としての資格を持っていれば、旅行代理店などに重宝されます。各旅行会社の営業所に最低でも1人は有資格者を配置しておかなければならないため、旅行業務取扱管理者の資格を持っていることが武器となります。ただし近年、旅行に対するニーズが多様化していることもあって、旅行業界で活躍していくためには国家資格をベースとしてさらなるスキルを身に付けていく必要があります。その中には旅程管理に関する知識や、プランナーとしての役割を担うためのスキルも含まれています。しかしすべては旅行業務取扱管理者に合格しなければ始まりません。

年に1回しか開催されない試験に確実に合格するためにも、効果的な学習は不可欠です。多くの方が学業や仕事と並行しながら資格試験に向けて励むことになると思います。数多くのスクールや専門学校、通信講座、あるいは独学の中から自分に合った勉強のスタイルを決めて、あとは試験当日から逆算をしてふさわしく進めていく必要があります。まだ旅行業務取扱管理者についてそれほど知らず、受験することも決めていない場合には、とりあえず書店に行って旅行業務取扱管理者の参考書や問題集をパラパラめくってみることができます。