旅行業の起点となる資格は旅行業務取扱管理者!

旅行業界で活かせる資格を持っていると、自分の旅行を自分でコーディネートすることもできれば、憧れの旅行業界で活躍することもできます。
旅行業の資格の中心に来るのは何と言っても旅行業務取扱管理者です。

旅行業界唯一の国家資格です。旅行代理店の各営業所には、日本国内の旅行業者の資格を持った人を配置しなければなりません。まず旅行業務取扱管理者としての資格を有して働くことで、実際に旅行の取引を行なったり、説明をして納得していただき、販売する仕事以外にも、旅行の立案から始める分野でも経験を積む機会が開けます。

しかしそれだけではなく、旅行業務取扱管理者を起点として他の資格を目指すことによってキャリアを積めます。
たとえば旅程管理主任者としての資格を取得すると、パッケージツアーや団体旅行に同行してツアーコンダクターとして経験を積むことができます。この資格は旅行業務取扱管理者と異なり実務経験が必要になります。とにかくまず旅行業務取扱管理者そして次に他の資格を目指すことには大きな意味があります。

もう少し別の方面に進めていくと旅行に関係するチケットなどの予約システムにアクセスして操作をすることを可能にするAXESS実用検定試験を目指すことができます。これは実際には操作能力を証明するものなので、試験に合格することによって実務で役に立つことの証明となります。海外での活躍を視野に入れるなら、英語に関係する能力をアップさせるために励むことができます。

このように、旅行の資格を積み上げていくためのベースとなるのは旅行業務取扱管理者で、そこに経験を積むことで新たなキャリアの道が築けます。