旅行業務を行なうために必要なものとは?

全国にある旅行業務を行なう会社のおかげで、国内外を問わずいろいろな旅行を楽しむことができます。

旅行業は旅行に関係する手配や企画を立ち上げて販売することによって報酬を得る仕事です。手配するのは交通手段にかかわるもの、ツアー、アクティビティ、ホテルなど多岐にわたります。エリアも国内を専門にしている業者の場合は国内、海外旅行を取り扱っている場合には世界中の商品を販売します。お客様が指定するものを販売するだけではなく、お客様のニーズに合わせたものをチョイスするコーディネーターとしての役割も担います。必要に応じてビザの代行や旅行相談も行なっています。

日本において旅行会社を営むためには国土交通省(観光庁)や各都道府県の観光関連部署へ登録する必要があります。
取り扱う種類や営業形態によって、第一種から第三種に分かれています。旅行業者としてでも、旅行業者代理業者として営業するとしても、各営業所に旅行業務取扱管理者を置く必要があります。
日本国内だけの旅行を取り扱う旅行業者であれば国内旅行業務取扱管理者、海外旅行を取り扱う旅行業者であれば総合旅行業務取扱管理者がそれぞれ必要となります。

そこで多くの旅行業者は旅行業務取扱管理者の資格を持った人を必要としています。これは国家資格なので、社内研修などによってすぐに養成するわけにはいかず、毎年9月初旬に行なわれる試験に合格する必要があります。そのため、旅行業界の求人情報に目をやると、「旅行業務取扱管理者募集」というものが掲載されているものが目立ちます。これから旅行業界でやっていきたいという方も、異業種から旅行業界への転職を目指す場合にも、そのためのステップとして旅行業務取扱管理者試験について調べてみることをおすすめします。独学でも十分に狙える資格ですが、必要に応じて通信講座やスクールを活用できます。

旅行業の起点となる資格は旅行業務取扱管理者!

旅行業界で活かせる資格を持っていると、自分の旅行を自分でコーディネートすることもできれば、憧れの旅行業界で活躍することもできます。
旅行業の資格の中心に来るのは何と言っても旅行業務取扱管理者です。

旅行業界唯一の国家資格です。旅行代理店の各営業所には、日本国内の旅行業者の資格を持った人を配置しなければなりません。まず旅行業務取扱管理者としての資格を有して働くことで、実際に旅行の取引を行なったり、説明をして納得していただき、販売する仕事以外にも、旅行の立案から始める分野でも経験を積む機会が開けます。

しかしそれだけではなく、旅行業務取扱管理者を起点として他の資格を目指すことによってキャリアを積めます。
たとえば旅程管理主任者としての資格を取得すると、パッケージツアーや団体旅行に同行してツアーコンダクターとして経験を積むことができます。この資格は旅行業務取扱管理者と異なり実務経験が必要になります。とにかくまず旅行業務取扱管理者そして次に他の資格を目指すことには大きな意味があります。

もう少し別の方面に進めていくと旅行に関係するチケットなどの予約システムにアクセスして操作をすることを可能にするAXESS実用検定試験を目指すことができます。これは実際には操作能力を証明するものなので、試験に合格することによって実務で役に立つことの証明となります。海外での活躍を視野に入れるなら、英語に関係する能力をアップさせるために励むことができます。

このように、旅行の資格を積み上げていくためのベースとなるのは旅行業務取扱管理者で、そこに経験を積むことで新たなキャリアの道が築けます。

旅行業務取扱管理者という魅力的な資格について

旅行業界において、取引条件などをしっかりと説明して安心できる旅行を提供する代理店が必要とされており、旅行業務取扱管理者という旅行会社の管理者が必要です。
旅行業務取扱管理者は、旅行に関係する幅広い業務を扱うスペシャリストで顧客からの信頼を勝ち得る必要もあります。

そんな旅行業界における花形の資格に、毎年1万人を超える方が資格試験にチャレンジします。
旅行会社に勤務されている方だけでなく、学生の方の試験を受けている資格です。

ただし試験にチャレンジすればほとんどが合格できるわけではなく、5割以下の合格率の中で確実に合格するためには勉強が必要です。難しい資格であっても、1度試験に合格してしまえば、更新なしでずっと有効な資格です。まず旅行の管理者として活躍するための登竜門として旅行業務取扱管理者の試験にチャレンジします。国家資格をいかして現場での経験を積んでいけば、国家資格プラスキャリアが伴って、転職にも有利になります。

旅行業務取扱管理者の試験に際して助けになるのは、年齢や学歴さらには実務経験を問わず誰でも受験できることです。国家資格の中には、一定期間の実務経験を経てからしか受験資格を満たせないものがあります。まず試験にチャレンジしてから経験を積むことのできる素晴らしい資格です。最近では大学生を中心に在学中に将来のキャリアデザインの一環として試験勉強をする方たちも増えています。さらに子育て中の主婦や、憧れの旅行業界に転職することを希望する方たちにとっても魅力的な資格となっています。勉強のためにはさまざまな方法がありますので、まずは具体的に調べてみてください。

旅行に関係する資格について

旅をより一層楽しむために役立つ資格もあれば、旅行に関係した仕事を行なうために助けとなる資格もあります。旅行の資格について語るときに、真っ先に出てくるのが旅行業務取扱管理者です。

国内と総合に分かれていてます。まず国内旅行業務取扱管理者を取得して、そして総合旅行業務取扱管理者へとチャレンジすることもできます。旅行業界で働くためには必須の国家資格として、毎年多くの方が受験します。

旅行業務取扱管理者としての資格を持っていれば、旅行代理店などに重宝されます。各旅行会社の営業所に最低でも1人は有資格者を配置しておかなければならないため、旅行業務取扱管理者の資格を持っていることが武器となります。ただし近年、旅行に対するニーズが多様化していることもあって、旅行業界で活躍していくためには国家資格をベースとしてさらなるスキルを身に付けていく必要があります。その中には旅程管理に関する知識や、プランナーとしての役割を担うためのスキルも含まれています。しかしすべては旅行業務取扱管理者に合格しなければ始まりません。

年に1回しか開催されない試験に確実に合格するためにも、効果的な学習は不可欠です。多くの方が学業や仕事と並行しながら資格試験に向けて励むことになると思います。数多くのスクールや専門学校、通信講座、あるいは独学の中から自分に合った勉強のスタイルを決めて、あとは試験当日から逆算をしてふさわしく進めていく必要があります。まだ旅行業務取扱管理者についてそれほど知らず、受験することも決めていない場合には、とりあえず書店に行って旅行業務取扱管理者の参考書や問題集をパラパラめくってみることができます。