多肉植物 植え替え後 元気がない理由5選:原因と対策

スポンサーリンク

植物が成長につれ大きくなると、植え替えを考えますね。
ただ、植え替えた後に調子が良くなくなってしまうこともしばしばあり、トラブルの原因として注意が必要です。
今回は多肉植物が植え替え後 元気がない理由と対策について解説します。

多肉植物 植え替え後 元気がない理由

植え替え後に多肉植物の調子が悪い場合、いくつかの理由が考えられます。

・植え替えによるストレス: 植え替えは植物にとって大きな環境の変化となる場合があります。
特に根が絡んでいたり、前の鉢の中で根が絡んでいたりすると、
植替えというイベントが植物にストレスを与える可能性があります。
この場合、回復するのに数週間または数ヶ月かかる場合があります.

・水のやりすぎ: 多肉植物は乾燥に強い植物であり、大量の水を必要としません。
水のやりすぎは逆に植物の根を腐らせる原因となったり、葉が黄ばんだり成長を妨げたりする可能性があります。

・土壌があっていない: 多肉植物には水はけのよい土壌が適しています。
新しい土壌の水はけが悪かったり、水分が多すぎたりすると、適応するのに時間がかかったり負担がかかる可能性があります。
鉢(ポット)で育てる場合には水のやりすぎに注意しましょう。

・過度の直射日光: 多肉植物には明るい間接光が必要ですが、直射日光にさらされると葉が日焼けし、植物がストレスを受ける可能性があります。

・害虫: 植え替えは、植物を害虫や病気にさらす可能性があります。植物が弱ってしまったり、生育を妨げる可能性があります.

植替えでのトラブルを避ける方法

植物にとって良い環境を整える

植替えの際には適切なサイズの鉢や土壌を選びましょう。
楽天市場では観葉植物に適した土も手に入れることができます。

楽天で多肉植物の土を検索

クリックで楽天市場 へ移動します

 

このような寄せ植えセットもかわいらしいですね。

 

 

水やりは多くなりすぎない程度にしてやりましょう。
日光や温度の環境が植物にとって負担とならないかを見直してみましょう。

多肉植物の調子が良くないときは、水はけの良い土壌、ほどよく明るい光などの環境を整え、水やりの頻度も多すぎないようにするなどの条件を変えてみましょう。
新しい鉢でもすこやかに成長できるようにすることが重要です。

植替えについてはこちらの記事も参考にしてください。

夏の植え替えは観葉植物に良くない?夏の植え替えの注意点
観葉植物の植え替えをどの時期に行うのが良いのか、気を付けたいことや注意点を解説しますね。 夏の植え替えは観葉植物にとって注意が必要 夏が植え替えに適さない理由 ・高温:夏の気温は一部の植物にとっては暑すぎる場合があります。 この時期...

コメント

タイトルとURLをコピーしました