気になる旅行業務取扱管理者の年収は?

旅行業界への就職が人気となっていますが、気になるのはその年収という本音もあると思います。
大前提として、旅行業務取扱管理者としての資格を持っていると、旅行会社をはじめとして旅行に関係する会社に就職するための道や転職の機会が開かれます。
しかし、旅行業務取扱管理者の年収がほかの一般的な仕事に比べて大幅に高いというわけではないようです。
ただし、一言で旅行業務取扱管理者と言っても、その活躍の場は幅広く、どこでどのように働くかによって年収にも違いが出てきます。
王道は旅行代理店で働くというものですが、その他にも公務員、準公務員、団体職員として活躍する機会も開かれています。
その他にも一見旅行と関係がないような場所への就職をして、実際に旅行業務取扱管理者としての資格を武器に活躍しているケースあり、安定した収入とボーナスを獲得しています。
たとえば、介護施設において仕事をしている方の中には、旅行業務取扱管理者としての資格をいかして施設入居者や利用者向けの旅行を企画立案している方たちもいます。
そのような形態で働いていると、やがては高齢の方が楽しみやすい旅行に特化したツアーなどを計画して販売する会社を設立することで、大幅に年収をアップさせることも可能になります。
その他にも、国内に住む外国人を対象にしたサービスを提供している会社や、旅行会社の海外支店など、働き次第でキャリアアップして年収もアップさせる機会が与えられているのも、国家資格である旅行業務取扱管理者として働くことの魅力的な点です。
まずは資格試験への合格を目指してください。


<外部サイト>
旅行業務取扱管理者で年収をあげる方法
旅行業界で活躍するなら